トップ > ▼発売日で探す > 【BD】TVアニメ「ドルアーガの塔」Blu-ray BOXの宮

【BD】TVアニメ「ドルアーガの塔」Blu-ray BOXの宮

商品コード : FFXT-9001
価格 : 19,440 円(税込)
数量
 

かごに入れる すぐに購入
発売日:2018年8月24日
 

登頂者たちの冒険が、Blu-rayで再び――。


2018年で放送10周年を迎えるTVアニメ「ドルアーガの塔」が待望のブルーレイ化!
オリジナルマスターからデジタルリマスタリングし、DVD画質を上回る”ハイレートSD(480i)”画質!
ブルーレイディスク1枚に「ドルアーガの塔〜the Aegis of URUK〜」(全12話+裏1話)と「ドルアーガの塔〜the Sword of URUK〜」(全12話)を収録したコンパクト仕様!更に、過去のパッケージイラストをまとめた特製ブックレット付き!
登頂者ジルと個性豊かな仲間たちによるドルアーガの塔の頂上を目指す冒険が、Blu-rayになって再び蘇る!
 
◆STORY

アヌの夏―。
五年に一度だけ訪れるこの時期は、天上のアヌ神の加護により、塔内の魔物は皆ひとしくその力を失ってしまう。
ギルガメス王により建国されたウルク国は、北方に「塔」の復活を確認すると、出現した魔物の征討を理由に「塔」内部への侵攻を開始。
以来このアヌの夏の到来を見計らい、上層階への進撃を目標に塔内に拠点を作り続けてきた。
嘗て、ドルアーガの塔を彩った勇者ギルと巫女カイの物語が伝説として伝承された八十年後の世界……。
ついに三度目のアヌの夏が訪れようとしている。
塔内第一階層に最初に建設された拠点「塔内都市メスキア」は、塔と共に復活を遂げたと目されるドルアーガ討伐の為、三度目の出征に備えるウルク国軍と、塔最上階に眠るという伝説の秘宝「ブルークリスタルロッド」の噂を聞きつけた冒険者たちで賑わっていた…。


※仕様・特典内容は全て予定です。予告無く変更になる場合がございます。
 
◆キャスト

ジル:KENN
カーヤ:折笠富美子
ニーバ:櫻井孝宏
ファティナ:堀江由衣
アーメイ:早水リサ
メルト:郷田ほづみ
クーパ:茅原実里
カリー:石田 彰
ウトゥ:安元洋貴
ヘナロ:花澤香菜
カイ:矢島晶子
サキュバス:ゆかな
ギルガメス王:土師孝也
グレミカ:根谷美智子
アクラ:冨澤風斗
ウラーゴン:森川智之
ケルブ:てらそままさき
エタナ:水野理紗
パズズ:田中正彦
アミナ:田中敦子
マイト・ザ・フール:斎藤千和
ソード・オブ・ブラッド:千葉一伸
黒ギルガメス:関 智一
 
◆スタッフ

原作:バンダイナムコゲームス「ドルアーガの塔」
監督:千明孝一
スーパーバイザー:遠藤雅伸
シリーズ構成・脚本:賀東招二
キャラクター原案:白亜右月
メインキャラクターデザイン:高岡じゅんいち
キャラクターデザイン:山形厚史
モンスターデザイン:丹澤 学、皆葉英夫
ドルアーガデザイン:草琢仁
総作画監督:藤澤俊幸、高岡じゅんいち
プロダクションデザイン:小林 誠
色彩設計:内林裕美
撮影監督:石黒晴嗣
音響監督:郷田ほづみ
音楽:元 仁
編集:肥田 文
アニメーション制作:GONZO
製作:イズミプロジェクト


オープニングテーマ 「SWINGING」歌:ムラマサ☆
「Questions?」歌:中村 優

エンディングテーマ
「塔頂者たち」歌:KENN
「魔法使いですけど。」歌:カーヤ(CV:折笠富美子)


≫公式HP http://www.gonzo.co.jp/archives/druaga_anime_2nd/
≫TVアニメ「ドルアーガの塔」 Blu-ray BOXの宮 告知公式Twitterアカウント
 @DRUAGA_BD


★★Attention★★
※発売日前の商品と一緒にお申込の場合は、お申込商品が全て揃ってからのお届けとなります。
既に発売された商品でご注文後1〜2週間のお届けを希望される場合は、単品でご注文下さい。

※お客様のご都合による代金支払い後のキャンセルは、返金手数料がかかります。
詳しくはご利用ガイドをご覧ください。

★メール受信設定について★
[official-shop@fwinc.co.jp][system@p01.mul-pay.com]からのメールが受け取れるよう、設定してからご注文ください。
フリーメールをご利用の方は、初期設定のままの場合、当店からのメールが迷惑メールフォルダに自動で振り分けられてしまう場合がございます。
スマートフォン・携帯電話のメールアドレスをご利用の方は、オススメ一括設定は選択しないで下さい。「インターネット」からのメールを受取れるよう設定して下さい。「URLリンク規制」を解除して下さい。
メールの設定に不安が残る場合は、注文照会が出来る会員登録(無料)をオススメいたします。

(C)BNEI/イズミプロジェクト